赤裸々な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ママンから電話

<<   作成日時 : 2007/01/07 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

があったとです。鈴のこと。

ママンものんちゃんが鈴のケコーンについて何も知らないことにビクーリしていまスた。ママンはのんちゃんが全部知っていると思っていまスた。ま、そうだろうな。普通はすぐ家族に報告するからね。ママンもお灸をすえるのに賛成で、口裏を合わせてくれました。

悪気があってのことではないんです。素直で、正直で、明るくて、ただ・・・ちょっと(?)落ち着きがなくて抜けてるだけで・・・。

愛想はいいし、話題は豊富だし、調子がよくて、マメに動くので、そこを上手く生かしてケコーン生活を送っていただきたい。


子供の頃、「探偵レミントンスティール」というアメリカのドラマがありまスた。主演はピアース・ブロスナン。ジェームス・ボンド役で有名なイケメン俳優ですね。声は「ケンシロウ」と「冴羽僚」の神谷明。ステキですね。よく覚えています。

美人アシスタントのローラと事件を解決する、スリリングでちょっとエッチな探偵ドラマでした。のんちゃんはこのドラマが大好きで、夜中まで起きて毎週見てまスた。そんで毎回美女が登場してスティールを惑わすんですが、一度プレイガールみたいなセクシー美女が料理しているシーンが出てきまスた。


今、ステーキを茹でてるのよ。




でっかい寸胴にタップリお湯を沸かして、上等な一枚肉を茹でるというシーンです。スティールはその姿に幻滅してしまいます。のんちゃんは夜中なのに大笑いしてママンが起きまスた。ごめん。ステーキの作り方も知らんのでは肉食文化のアメリカではやっていけないんでしょうね。いくら美女でもこれでは困る。


妹(まあまあかわいい)には料理の修業をしてもらわねば。和食は姉ののんちゃんに、洋食はライアンにでも。ケコーンすれば食事は毎日のことなんだから、出来た方がいいです。特別なものは出来なくていいから、ちょっとしたものを作れるようになって欲しいです。

引き取り手がないと一族で心配していた妹が片付くのですが、今はまだ安心より不安が大きくて、みんな困り顔です。ケコーンが決まった途端に親戚一同から怒られるんですからね。

いろいろ気が回らない子なんで、周りに何か言われてもポヤッとしてて気が付かずにスルーかもしれません。案外そのままボーっと幸せに過ごすかもしれません。


それならそれでいいんだけど・・・。かわいい妹のことを、姉は姉なりにムチャクチャ心配しています。こんなに心配しなくても大丈夫なのかもしれませんが。ケコーン生活が幸せに過ごせることを目を血走らせて本気で祈っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
それでもまぁまぁ何とかなるもんかもよ。
私だって結婚する時は親とかにすっごい心配されてたよ。
「あんた、掃除とか料理とかできんの?」って。
暮らし始めちゃえば何だかんだ言っても、料理は作れるようになると思うしなぁ。。
心配なのは、嫁というのは気が走らんといけないところはあるから、その辺りかな。
それも経験だと思うけど。

簡単な洋食なら教えられるよ。
最近は和食作りたくてもあんまり作れない環境だからなぁ。のんちゃんに教えてもらった「大根のそぼろ煮」はよく作らせてもろてます。
ライアン
2007/01/07 20:14
ライアン様>
ケコーンはお互い足りないところを補い合っていければいいんだけど
あれは足らないところだらけだから心配MAXなのよ。
とにかく常識がないから料理も普通に作れるかどうか・・・。
「噂の東京マガジン」の「やってTRY」に出られるんじゃないかと思うくらいすごいんだから。

「教えてやる」と言っても
「どうせ出来ないからいい」と
最初っからやる気ゼロだしね。
自分を高めようとか勉強しようとか
そういう気がない子だから。
仕事も責任あることを任されたら
それがイヤで転職するくらいだもん。

料理が楽しいとは思ってないから覚えるの大変だと思うよ。
のんちゃんは料理が好きだから苦じゃないけど。

大根のそぼろ煮は気に入ってもらえて嬉しいわ。
あれおいしいよね。マジで。
日本人でよかった(笑)
のんちゃん
2007/01/07 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
ママンから電話 赤裸々な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる